オフセット印刷とインクジェット印刷の違いは何か?

オフセット印刷とインクジェット印刷の違いは?

フェニックスのオフセット布印刷とインクジェット布印刷の違いについて 


最近、当社フェニックス(株)で、昨年から始めました小ロット布印刷キャンペーンの問い合わせが多くとてもうれしく、とても有り難い事だと思っています。


そこで、よくオフセット印刷インクジェット印刷の違いは何か?とよく聞かれるんです!

そこで、おおざっぱに説明したいと思います。


オフセット印刷とは
CMYKの合計4枚の刷版に、インキをブランケットと呼ばれる
樹脂やゴム製の転写ローラーにいったん移し、
そのブランケットを介して印刷用布に転写され
版と布が直接触れない方式で印刷されます。


昔からの紙の印刷屋さんの業務用印刷機はオフセット印刷が多いです。

オフセット印刷の良いところは、細かい地図を描く場合、小さい文字まで印刷したい場合、
写真を挿入する場合等では圧倒的にオフセット印刷綺麗に仕上がります。
オフセット印刷大量印刷用として設計されてます。
また解像度が高く画像の再現性も高くなると、同時にはっきり出て奇麗に出来ます。

 

インクジェット印刷とは
通常のプリンターから出力した印刷手法、家庭用のパソコン用プリンターなどが代表的な例です。
インクジェットはインキを吹き付ける方式なので、
ミクロ的にインキが拡散するので、解像度の低い荒い画像や、
蛍光色などは、インクジェットの方が適しています。


インクジェットは多少にじむので低解像度の荒い画像の場合はオフセットより、
インクジェットの方がアラがボケて視認が多少良く見えます。
インクジェット印刷の良いところは仕上り品質がオフセット印刷の品質まではいかないが、
1枚から注文出来る。小ロット適している。
インクジェットの方が4色以上の色数で印刷するので、蛍光色の発色が
良いです。版下を作成する必要がない。

 

こんな説明でおわかり頂けましたでしょうか?

 

不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

神奈川県横浜市鶴見区矢向1丁目19-33

フェニックス株式会社 ーPhoenix ー